fc2ブログ

記事一覧

チャンバーの開発終了

2020年4月に着手し現在まで3年以上続いたチャンバーの開発は2023年5月末で終了する事になった。これまでおよそ16種のチャンバーを試作・テストしその中から特性の良い物を選び出し製品にした。それらを大きく分けると低~中速タイプ、中~高速タイプ、高速タイプの3種だ。その中で最も高出力のチャンバーはノーマルマフラーと比べ10馬力以上UPしている。これら3種のチャンバーの共通した特長は低・中・高のいずれの回転域でもノーマルマフラーより格段にトルクアップしている点だ。高速タイプのチャンバーでも低速域はノーマルマフラーより高トルクを発生するのでとても扱い易い。これら特性の良いチャンバーが出来たのはクーペオーナーズクラブ2.3.3の広報部長を務める河島さんの協力を得てデータが取れそれが開発にフィードバックされた事による。彼の貢献なくしてこれらのチャンバーは世に出なかった。感謝!私の本心としては開発を続けたい気持は有るがチャンバー造りにのめり込んで余りにも多大なエネルギーと時間、資金を投じ本業のエンジンリビルドの方に影響が出た事と製作を受け負ってくれていた職人さんが5月の末にリタイアする事になり今後の製作が見通せなくなった。私のチャンバーは性能追求を第一に考えておりその実現には高度な技術を持った板金職人の協力が不可欠だ。とは言えその職人さんに丸投げは出来ないので製図、曲げ部分の型紙作り、チャンバーの固定治具の製作、カットして曲げる作業、カット後各パーツを治具へ固定する所までは私が行う。
その後職人さんが熔接・板金をして完成する。手仕事に頼らざる得ないので生産性は極めて悪くストック出来る数はごく少数だ。


チャンバーの開発終了-画像1 チャンバーの開発終了-画像2 チャンバーの開発終了-画像3
チャンバーの開発終了-画像4 チャンバーの開発終了-画像5 チャンバーの開発終了-画像6
チャンバーの開発終了-画像7 チャンバーの開発終了-画像8




スポンサーサイト



プロフィール

aokiengineering

Author:aokiengineering
アオキエンジニアリングのブログです。
アオキエンジニアリングは、フロンテクーペとFLBレースで培った技術とノウハウを活かし、フロンテエンジンのリビルド及びチューニングの他、メッサーシュミットと旧車二輪のリビルド及びレストアを行っています。

最新コメント

アルバム