fc2ブログ

記事一覧

椎の実拾い R5年11月28日

毎日ネコのエサやりに通っている山の道路脇の椎の木から落下したシイの実を見つけて拾って持ち帰りフライパンで炙って食べてみた。
我々は近年強い甘味になれ親しんでいるのでシイの実のほのかな甘味に少し物足りなさを感じるがよく噛むと他の食品では味わえない風味が有る。今回拾った実は約6~7㎜と小粒なので160粒程食べるのにおよそ30~40分かかった。160粒でも中身が小さいのでおよそ大サジ3杯分位しか無い。手間の割りに腹の足しにはならない。縄文人もシイの実の様に小さい物は殻ごとすりつぶして水にさらしてデンプンを集めて小さなダンゴにして炙って食べていたのではないかと想像する。今回シイの実を拾う事で気付いた事は直径50~60㎝の椎の大木の根本付近に実から発芽して数年経ったと思われる高さ20㎝位の「ベビーツリー」を20~30本見つけた。
これらベビーの親は今後数十年~数百年と長く生き続けるであろうが次世代へ継ぐ準備に余念は無い。
ワンシーズンで落下する実の数は数万個に及ぶであろう。その数と生育しているベビーツリーの数を対比すればその発芽率は一万分の一にも満たないかも知れない。人間はせいぜい百年の寿命だからシイの様に生産性の低い事にかかわっている余裕は無いが一方椎の木の寿命は数百年に及ぶので人間と椎の木は全く異なるベクトルで生きている事を今回改めて気付かされた。


椎の実拾い



スポンサーサイト



プロフィール

aokiengineering

Author:aokiengineering
アオキエンジニアリングのブログです。
アオキエンジニアリングは、フロンテクーペとFLBレースで培った技術とノウハウを活かし、フロンテエンジンのリビルド及びチューニングの他、メッサーシュミットと旧車二輪のリビルド及びレストアを行っています。

最新コメント

アルバム